「ありがとうが開く貯徳の世」

 

おかげさまで 花咲爺を名乗り

ありがとう100万遍を唱えて 7歳の正月を迎えています

 

300万遍のとき ありがとう100万遍の和を提唱し

500万遍のとき 貯徳問答講を立上げ

それから100万遍を唱え 楽問楽答の叡智を学ぶ

講と塾の事業開始を迎えています

 

古代は曼荼羅 中世は南無阿弥陀仏

そして現代は ありがとうが

とても唱え易く 明るく 温かく 喜びにあふれる

最高の祈りであること 日頃実感しています

 

天とわくわく ありがとう