「論語と経営」

 
渋沢栄一翁は 明治六年 官を辞し 実業界に入り
実業の精神を 論語とし 空前の大成功を収められ
論語と算盤を 後輩に残されました
 
FullSizeRender 智徳志士の像
 
智徳志士講では 渋沢栄一翁を鑑とし 問答で修身し
実業の力で 財政危機の日本を守ります
 
経営と投資に必読の書を 智徳志士講のみなさまに
贈呈を始めました