>>ブログトップへ

3月, 2016

3月 31 2016

「智徳志士のみなさま」


 
3月31日 第26題の和平思案を以て
第1回 第2回 智徳志士問答は卒業します
 
この間 智徳を分ち合い 氣づき合い 励まし合って
学び合えましたこと とても 有難く 感謝感激でした
 
頂天CDも 8番まで出来上り みなさまにお届け出来ました
AmazonのまろUP!智徳問答も みなさまの光の言葉で
4編を出版し 未来にメッセージを送ること出来ました
まろUP!が世界にも拡大してゆくことも 明確になりました
 
智徳志士の標や 智徳主義の本も出版出来ました
本社での志士会や お菓子の城での決起大会で
温かい志士の心にふれ合うことも出来ました
すばらしい問答を読み 愛感動にふるえました
本当にすばらしい第1年度をありがとうございました
 
私達の人生は永遠です 眞心の創造も永遠の美しさです
そして 眞心のおつき合いも永遠です
 
卒業後にもっと学びたい方は 再入講をお勧めします
智徳志士の会に参加して頂ければ 智徳情報をお届けします
そして 智徳志士大会に参加することが出来ます
 
いよいよ 日本の危機は迫っています
自己の職に精励され 所得5年で5倍達成されますこと
祈念申し上げます
 
第3回智徳志士の会
本日〆切

3月 30 2016

「まろUP!智徳問答 思考と創造」


 
天意と自然」「天則と生命」「眞心と天命」に続いて
思考と創造」も まろUP!智徳問答 電子本として
30日 Amazonから出版します
 
 「まろUP!智徳問答 思考と創造」
 
智徳志士の眞心情熱ほとばしる 智徳問答の
優しさ 美しさ 力強さに ふれて下さい!
 
大和心のけなげな叫びは 日本の伝統であり
美しい国 日本に感謝が湧き上がって来ます
 
初年度の智徳問答講は 3月31日の
26題和平思案を以て卒業します
まろUP!智徳問答出版にご協力ありがとうございました
 
第3回智徳志士募集は 31日で〆切らせて頂きます
お申し込みはこちらから
 

3月 29 2016

「マイナス金利思考」9


 
マイナス金利を実施して2ヶ月経過しました
期待された物価上昇 円安 株高 投資増は
今のところ見当たらず 頼みのGDPもマイナスとなり
予定の消費増税も実施不能状況です
株価も 日経ダウ17,000円近辺で 低調です
 
日銀は まだまだ金融緩和政策があると明言しています
マイナス金利は ユーロの0.4%まではいきそうです
 
それでも効果がなければ減税を実施して
その分を日銀券で政府に貸し出す手もありそうです
円安と物価上昇しても賃金上昇は追いつかず 貧しくなります
 
優良企業は自社株買で暴騰するはずです
供給制限のある金などは暴騰するはずです
国民は消費を減らし 実質経済は大きく縮小します
 
大きな変化に備え 智徳問答講で学びましょう
 
 
第3回智徳志士の会 〆切迫る
 

3月 28 2016

「16年前の誕生金メダル」


 
16年前の誕生祝金メダルに感謝の便りが
中学卒業の記念写真と共に届きました
 
SCAN0009 「16年前の誕生金メダル」
 
あの時の赤ちゃんがこんなに美しく育ってと 感動しました
 
お母さんが参加している会の先生から
本田健さんの話を聞いて思い出されたそうです
本当に喜ばれて良かったと あらためて思いました
 
そして365人の旦那さんが プレゼントに立上がって下さったら
日本の少子化も防げると あらためて思いました
 
今年は 現在314名の赤ちゃんにプレゼントします
テレビ東京の取材のおかげさま
 
来年は3社にお願いして 1,000名に贈りたいと願っています
 
天とわくわく ありがとう
 
 
智徳志士の会申込はこちらから
 

3月 27 2016

「運命の約束」


 
愛に満ちた奇跡の人生を象徴している アランコーエンさんの
運命の約束 を 心の友 穴口恵子さんから贈られました
 
f81fd2e4c52864042852c112ce927ae2 「運命の約束」
 
この本であなたの運命を思い出して下さい!
と 健さんが推奨しています
 
地に足をつけて 生れもった特性を発揮すれば
自分の運命を信じることが出来る
 
あなたがいまいる場所は
あなたが成長するのに最適な場所です
 
この人がいなければ そうだと知ることはなかった
その人は先生であり天使です
 
なるほど なるほど と読んでいくうちに
自信がついてくる いい本です
 

3月 26 2016

「幸せにする やまと言葉」


 
社会の一隅を照らす志の青少年を育てるため
世界200ヶ国 日本1500市町村で
志教育プロジェクトの立上げに立志情熱を捧げている
出口光先生が「幸せにする言葉」を出版されました
 
f49705d998c37a298811fb9e61c9457c e1458885547669 「幸せにする やまと言葉」 d5384b114272256d226204db80255c56 e1401413747607 「幸せにする やまと言葉」
 
古来から 日本が育てた「やまと言葉」の 凛々しさ 優しさ
幸せがいかに美しいか 感動を以て迫って来る名著です
 
本当に日本に生れて良かった喜びと幸せが湧き出して来ました
百尊の教えを著作したときの感動がよみがえりました
電子本か文庫本で再出版をお願いしたいと思い出しました
 
出口光先生は 智徳志士問答講の同志になって下さいました
 
天とわくわく ありがとう
 
 
第3回智徳志士の会 お申し込みはこちらから
締め切りは3月末までです

 

3月 25 2016

「信と孝の問答」


 
智徳志士まろUP!決起大会inお菓子の城3.21で
「信と孝」の問答をしました
 
1.信ありて職あり 如何
 
2.信は安心 平和 幸福の礎あり 如何
 
3.職もお金も 信なり 愛なり 之を失えば消える 如何
 
4.信の交流ありて 商売繁盛あり 如何
 
5.孝ありて 人は生る 如何
 
6.孝ありて 安心の家あり 如何
 
7.孝は先祖を敬い 子孫の繁栄を願ふ 眞心なり 如何
 
8.孝は愛 感謝 喜びの宝庫なり 如何
 
9.孝失えば 不安の家となり 家も職も国も亡ぶ 如何
 
10.信と孝は助けたり 助けられたり ありがたい 如何
 
11.信と孝は売る喜び 買う喜び ありがたい 如何
 
12.家と職と国を輝かす 信と孝 如何
 
13.あなたの未来を輝かす 信と孝 如何
 

3月 24 2016

「立志と情熱の問答」


 
智徳志士まろUP!決起大会inお菓子の城3.21で
「立志と情熱」の問答をしました
 
1. 立志とは 世のため国のため志を立てることなり 如何
 
2. われらの眞心に 立志情熱は常に息づいている 如何
 
3. 情熱とは 心の核が熱く燃えることなり 如何
 
4. 立志情熱ありて 成人となる 如何
 
5. 立志情熱成れば 教育は止む 如何
 
6. 立志情熱ありて 人間の尊厳あり 如何
 
7. 眞心立志の出会い 核融合の太陽の如く地球を照らす 如何
 
8. 至誠天に通ず 眞心立志情熱に不可能なし 如何
 
9. 君の立志情熱は 如何
 
 
智徳志士の会申込はこちらから
 

3月 23 2016

「大いなる希望をありがとう」


 
17才の匠君から 大いなる希望のお便り頂きました
 
 
—————————
竹田和平様
こんにちは。
昨日僕が一番の気づきは自分を知れたことです。
 
そして、今まで母以外に褒められた事がなく、
和平さんにめちゃくちゃ褒められた事がとても嬉しかったです。
そして、道が開かれました。
 
僕は今まで自分を知りませんでした。
和平さん 僕は絶対成功します。日本を良い国にしたいです。
だから自分の未知なる可能性を信じたいと思います
信じて、しっかりと智徳を学びたいと思います。
 
あと和平さんの様な大きな人間になります
そして、坂本竜馬のように大きな人間になりたいです
 
和平さん ありがとうございます。
僕は、ガンバリマス。
 
和平さん 身体にはおきをつけになってください。
元気でいてください。
お揃いのキーホルダーを受け取っていただきありがとうございました。
 
s 300x224 「大いなる希望をありがとう」
 
和平さんに会えた歓びのバンザイジャンプです
———————————-
 

3月 22 2016

「第1回 智徳志士大会 開催」


 
お菓子の城 30周年記念日の芽出度き日に
第1回智徳志士まろUP!決起大会が開催されました
 
まろUP!情熱の志士達は 美しい日本を守り育てるため
続々と全国から集まって来ました
 
P3210014 300x172 「第1回 智徳志士大会 開催」 P3210075 300x171 「第1回 智徳志士大会 開催」
 
決起大会を企画し 司会した英里さんの まろUP!情熱あればこそ!
舩井さん 出口さん 小山さん 導明さんの力強い講話あればこそ!
本田さん ジャネットさん 千葉さん 久家さんの
スクリーンからの励ましあればこそ!
ボランティアで協力して下さった智徳コーチのみなさんの助力あればこそ!
そして全国から集まってくれた智徳志士の熱い情熱あればこそ!
 
円卓を囲む16のグループの立志情熱リアル問答も見事に盛り上り
次回につながる決起大会になりました
 
まろUP!大会が志士のみなさまと 志士のまろUP!情熱に影響された
全国のみなさんの人生をすばらしく輝かす希望を確かに受け取らせて頂きました
 
大いなる希望をありがとう
 
智徳志士の会申込はこちらから
 

Next »