>>ブログトップへ

2月, 2008

2月 29 2008

「第6回貯徳問答講」


来たる3月6日より 39講650名で

第6回の貯徳問答講が始まります

貯徳ありがとうは 時代の光

深く 短く 多くの問答

それは 貯徳旦那の近道

深く 短く 多くの言葉が交わされる

貯徳旦那が育ち光る

貯徳時代が明ける

時代の光が 美しい日本を生む

天とわくわく ありがとう

2月 28 2008

「貯徳ありがとう活動」


貯徳は まごころのはたらき

ありがとうは まごころの励まし

はたらきを励ます 貯徳ありがとうは

珠玉の言葉

珠玉の光を浴びれば 世界が輝く

さあ 貯徳ありがとうを 輝かそう

貯徳問答講

貯徳研究講で

貯徳ありがとう塾で

貯徳ありがとう講演会で

ありがとう100万遍の和

貯徳福わ内の和

貯徳百尊の和

誕生祝金メダルの和

清心富士の和で

そして 貯徳ありがとうブログネットワークで

みんなつながれ! 大きくまわれ!

貯徳ありがとうの光と共に・・・

2月 27 2008

「リーダーの条件」


ローマ人の物語を読んでいて

明日のリーダー像を思考しました

信用力 説得力 ネット力 智力 愛力 感謝力です

頭文字は SSNTIK

ススントイケ!と覚えることにしました

貯徳問答講のめざす 貯徳旦那は

ススントイケ!の能力をつけたリーダーです

それは深い貯徳問答を 短いメールですることで

身につけるのが 一番の近道です

まず貯徳旦那心をつけ 行動しましょう

世のため人のために・・・

2月 26 2008

「貯徳ありがとう講演会」


去る1月26日 鴨下さんや新間さん達のお世話で

渋谷のDEMIで 貯徳ありがとう講談会が催されました

貯徳の出会いで ありがとうの感動が溢れたようです

imgd3f34155zikczj 「貯徳ありがとう講演会」

 

鴨下さんが 45通のレターをBookして届けて下さり

出会いの喜びを知りました

みなさんの貯徳満萬のレターに ウルルンとしました ありがとう

みなさんのパワーで 新間さんは貯徳ありがとう講演会を

鴨下さんは 貯徳ありがとう塾を 拡めて下さることになりました

貯徳ありがとうブログも立上り 応援することでしょう

みなさんと 天とわくわく ありがとう

2月 25 2008

「父さんへの千羽鶴」


貯徳奉仕で 美しい国日本を願って

絵本作家の活動をされている

ときたひろしさんから 絵本が届きました

父さんへの千羽鶴」です

img48042d13zik9zj 「父さんへの千羽鶴」

神風特攻の耐えがたい運命を

家族愛で素直に受け入れた 父さん

美しい千羽鶴に守られて

家族のもとに帰ってくる 父さん

貯徳信頼の優しくて強い精神に涙しました

大和心よ ありがとう

2月 24 2008

「想えば花ひらく」


近くで天そばを食べながら

午後に 朝日心月さんとお会いしたいなぁと

話をしていましたら すぐにケイタイが鳴り

今からお会いしたいと申込みされましたのです

わぁすごい!

無意識がコミュニケーションしていたのです

心月さんは ブログNO.1の方だから

まごころコミュニケーションが冴えているのは 当然ですが

和平も 我ながらと 自信がつきました

まごころ会話から 新しい創造が芽生えることも 自然の流れです

天とわくわく ありがとう

2月 23 2008

「花咲爺メンター」


近年メンターと言う新しい言葉を よく聴きます

意味は 自分の人生目標に近い人物のようです

朝日心月さんも 天真爛漫子さんも

メンターを名乗られているようです

和平も 花咲爺がメンターです

徳川家康公も メンターを名乗って成功されています

メンターを名乗ること おすすめです

天真爛漫 ありがとう

2月 22 2008

「厳しさに 耐えてこそ咲く 梅の花」


厳しさに 耐えてこそ咲く 梅の花

お庭の白梅が 寒さに負けず 今年も咲いてくれました

うぐいすの声が待たれます

今年はお庭の槙の木から 2羽のヒヨドリが巣立ち

時々帰ってくるので うぐいすが来れないのではと

妻も氣をもんでいます

うぐいすさん いらっしゃい 待ってます

ありがとう

2月 21 2008

「ローマ人の物語」


知力では ギリシャに劣り

体力では ケルトに劣り

技術では エトルリアに劣り

経済では カルタゴに劣り

それが自分達であると認めていたローマ人だけが

なぜ 大文明をつくり得たか

それで私は書き始め あなたは読み始める

古代ローマへの想いを共有しながら

 「ローマ人の物語」

塩野七生さんの読者へのメッセージに魅かれ

読み始めます とても面白そう

天とわくわく ありがとう

2月 20 2008

「知里の風」


新しい貯徳問答講ブログに 大雪山が育てた元広詩人が

知里の風を吹き下ろしました

第6回の知里講に 天真爛漫の風が

2,100余も吹き亘った記録です

知里先生の絶妙の間合に 問答はたちまち感動の詩となって

徳徳の歓喜を呼び覚まします

雪だるまのように 徳徳の夢はふくらみ

天真爛漫に ころげまわる楽しさに

いつの間にやら 夢に向って まっしぐら!

新しい時代の教師の誕生です

天とわくわく ありがとう

Next »