>>ブログトップへ

2月, 2007

2月 28 2007

「徳松爺の出世物語」 徳物語3


なもあみだぶつを 幼い頃から一生唱え続けた 祖母から

寝物語に聴いた 徳松爺の出世物語が 徳との出合いの始まりです

祖母は 弟の徳松坊やを なもあみだぶつを唱えながら

いつもおんぶしていたそうです

小学を終えた徳松坊は 造り酒蔵の小僧になるため

遠い遠い町へ 旅立ちしました

山を越え 里まで見送った祖母は わが子同様の弟との離れに

涙にむせびながら ちぎれる程に 袖を振って励ましたそうです

徳松少年は期待に応え 苦難を乗り越え 見事に造り酒業を興し

姉への感謝を 「振袖」の名として 酒につけました

熱い感謝の酒は売れに売れ 徳松爺は大旦那になりました

「徳松には 徳がついてるからのぉ

  ありがたや なもあみだぶつ」

祖母の徳物語は 姉弟の愛と感謝が大氣となり 大行となり

大徳になって いつもありがたやを咲かせる 確かな存在のようです

祖母ちゃん 徳をありがとう

2月 27 2007

「繁栄は徳に依り 徳は根っ子に依る」 徳物語2


「徳の真価や 如何ん」 いま 問答中です

富と徳との 熱い問答の風にあふられたあと

庭に出て 爽やかに揺れる竹に 見とれていました

竹.gif

竹の葉が富に見え そして 竹の根が徳に見えて来ました

富は 光を集めて根に送り 根は その光で

子孫を 繁栄させているのです

その繰り返しが 竹の徳行であり その徳は 見えない根に

蓄えられていたのです

繁栄は徳に依り 徳は根っ子に依る

庭の竹がささやいてくれました ありがとう

2月 26 2007

「聖徳太子の立像」 徳物語1


本社の前庭に 燃ゆる心の聖徳太子像が 建立されています

「日出ずる国の天子」の熱文に 筆をとられているお姿です

聖徳太子像

あヽ 慈愛なるかな 天

天意と共に民心を育み うるわしき大和の国 つくらん

熱き太子の想いが 立台に刻まれています

美しい目標への燃ゆる氣が 言葉に咲き 都に咲き 徳政に咲き

永遠なる聖徳の光として 実を結んでいるのです

聖なる徳に ありがとう

2月 25 2007

「君よ 美しかれ」


「君よ 美しかれ!」 

まごころを込めた 金メダル

立春生れの赤ちゃんに 贈呈しています

今年は 中日新聞さんが 大きく記事にされたおかげで

たくさんの申込みが 舞込んでおります

オフィスは お祝いの喜びに満ち

てんやわんやの 大喜びです

昨年は赤ちゃんが たくさん生まれたおかげで

人口も増となり 胸なで下ろしています

赤ちゃんに 貯徳満萬の世を開いて欲しいね

君よ 美しかれ!と 赤ちゃんの名を刻んだ

金メダルが 励ましてくれるでしょう

まごころ喜ぶ美を 志してね 赤ちゃん

ありがとう

2月 24 2007

「人生は美の求道なり」 貯徳問答塾31


「人生は 美の求道なり」 

美の真姿問答の 熱い渦から得られた

貴く 重い 私の収穫です

良く知っているはずの言葉ですが 問答の渦を通過することで

新鮮で 貴重な言葉として 胸に迫ってくるのです

「人生は 美の求道なり」

今日からの人生の 燈台として 光を

放ち続けてくれることになりました

美しき言葉よ ありがとう


2月 23 2007

「貯徳の真価や 如何ん」 貯徳問答塾30


「貯徳の真価や 如何ん」 和頭塾の第四題です

徳の本質や 如何ん

徳のはたらきや 如何ん

貯徳満萬の世や 如何ん

いま 貯徳の時代の準備をすすめ その次の 徳の時代の展望を

明らかにする時と存じます

美しい国日本は 徳を基盤に築き上げる世だと 信じます

徳の価値を明らかにし 共有しましょう

問答してね ありがとう

2月 22 2007

「美の真姿や 如何ん」 貯徳問答塾29


「美の真姿や 如何ん」

に提出する 和平の結論です

自問自答のお役に立てれば 嬉しいです

そして 入塾されれば もっと嬉しいです

まごころが喜ぶ 永遠なる目標が美の本質と 貯徳塾は意味づけます

美の本質をめざし 響き合い喜び合う言葉から 旦那が生まれ

美しい創造が生まれます

その創造が 新しい目標を生み 新たな出発を生みます

永遠なる美を創造する過程に まごころの喜びが用意されているのです

まごころの目標に沿って 言動していれば 自づと 美を倶身出来ます

まごころは 自我心肥大の情報によって 曇りやすいものです

曇れば まごころは 目標を見ることが出来ません

曇りを吹き飛ばす習慣も 大切です

ありがとう100万遍の感謝行 まごころの目標を志しての言動

美しい自然に接しての感謝 美しい言葉に接しての感動

愛を守る信念志向など 和平の具身法です

まごころの美が 響き合う世は 調和しながら発展し続ける 熱のある世です

天も天下も 喜びあふれ 天は美しい光を 燦々と 降らせてくれる世です

個々のまごころが 個性を精一杯 限りなく美しく咲かせる

百花繚乱 百色百光の 花園のような世です

自立と共生が 自づと調和し 感動が響き合い

こだまし合う すばらしいオーケストラのような世です

育てたり 育てられたり 助けたり 助けられたりが

過不足なく調和し 愛と感謝が交流する中で

各自のまごころの創造を喜び合い 讃え合う 輪舞のような世です

まごころを燃やせば 今から美の軌道に乗れるのです

2月 21 2007

「お目見え披露」 福わ内の輪8


鬼を福変して いじめを吹飛ばす

カッコイイお役目の 福わ内の輪HP お目見え披露です

福わ内

いらっしゃい!恵美寿さんのお出迎え

そのパワーに びっくり 鬼も吹き飛びまっせ

和平は18年前に 福わ内しました

一日も忘れず 恵美寿さんといっしょです

おかげさまで 花咲爺になれました

今週から 七福わ内で 七光です

まごころとわくわく ありがとう


2月 20 2007

「ニコニコ顔に ついさそわれて」 福わ内の輪7


ニコニコ顔に ついさそわれて

迎え入れたよ 七福神

見れば見る程 好きになり

抱いて眠れば あら不思議

宝船

氣づいてみれば 波の上

弁天様に 酒つがれ

すてき すてきと ほめそやされる

ポポンと 手を打ちゃ

黄金も ポポン

ほんに 好き好き 七福神


2月 19 2007

「鬼ころり」 福わ内の輪6


純金七福光 福わ内

いつの間にやら 鬼ころり

いじめも 光で消えてゆく

imgc70265fdzikdzj 「鬼ころり」 福わ内の輪6

鬼も 母から生まれたんや

虐めたくないのが 本心やろ

鬼も 福になりたかろ

まごころ七福光 福わ内

鬼心は ころりんこと 福変り

福変り ありがとう 最高でっせ

七光福わ内わくわく ありがとう

Next »