>>ブログトップへ

5月 26 2013

「第三の矢」


実体経済が 成長軌道に乗らねば

財政赤字が解決できず 大変なことになります

 

アベノミクスの第三の矢 経済成長政策に

注目が集まる所以です

 

今日もインドでサービスベンチャーを始めた青年から

サービスの仕事を通して ありがとうを

インドでひろめることに 手応えを感じている

と知らされました

 

立志天命を活きる 人材に火をつける政策が

待たれています

 

進んで納税 明るい日本

 

納税意欲を熱くする 表彰制度こそ

支出なくして 実を得る方法です

 

是非 第三の矢に加えて下さい!