>>ブログトップへ

2月 28 2012

「ギリシャ国債始末」


ギリシャ政府は 民間の保有しているギリシャ国債を

実質70%カットすることを決定したと 日経は報じている

 

驚異の国債リスク表面化であり これでは日本の国債も

日銀引受けより道はなく 円安は加速する

(現在はドル81円 ユーロ109円 豪ドル86円)

 

円が20%も安くなれば 世界は自国通貨安に走る流れとなり

インフレは世界常識となり GNP比の国債残高は

いづこも低下してゆく

まさに赤字国債消却世界合同戦略であり

戦争になるよりベターであること 間違いない

軽度のインフレこそ 民主主義の潤滑油

 

デフレよ さようなら