>>ブログトップへ

9月 04 2008

「福田首相の辞任」


有徳の師 福田首相が 突如辞任されました

ねじれ国会が象徴する 民意の混乱期に

心躍る希望の灯を掲げること 叶わず

耐えに耐える役割を担った首相でした

有徳の首相は 衆院選を控えて

民意を束ねる智徳と氣力の人を 選出する時間を用意され

責任を果たしての辞任でした ありがとう

小泉構造改革の修正ムードに 生まれた政権ですから

急激な不況に立ち向かう氣力は ないのが当然です

「改革なくして 成長なし」の名言は

すべての政経 すべての人生に適合する 天意です

改革の本姿は 目覚めであり 希望であり 喜びです

与えた意味が 受取る意味ですから

「痛み」と捉えた人には 痛みとなるのも当然です

構造改革に 情熱と説得力ある首相の出番ですね

美しい国日本の希望を持ちましょう