>>ブログトップへ

9月 21 2006

貯徳商道10 「責の道」


 

       信用は 責任を果すにあり

       信と責は 表裏の如く 一体にして

       責なくば 信も消ゆるなり

       責は いのちの痛みなれば

       知らせる 明かすが 責の道なり

       信の道は 責の道と同じ

       責任も 貯徳の大事なり