>>ブログトップへ

9月 22 2006

N君と今生のお別れ


いつもわくわく 生を楽しみ 喜びをはじかせ

ふれる人を明るくする天才 N君が 60歳で逝った

N君とそっくりなご子息の姿に

息子を一人前にするには 父親が消えるのが1番だと

語っていたことを思い出しました

2千名に及ぶお通夜の客が 跡を継いで重責を担う

息子さんの決意を固めてくれると 信じて逝ったN君

泣き濡れて わが名を呼んでくれた 奥様の悲しみ

つらいけど しょうがないね N君

わが亡弟の 無二の親友であったN君

今頃はあの世で再会し 楽しく遊んでいるのかな

N君と出会えて 楽しかった

来世でまた会おうね

さようなら ありがとう